まずは物件探し

ITJapan Co.,Ltd. CEO Tadanobu Kinoshita

2005/10/29 17:27 - www.itj.jp

明確に、『東京進出した場合の事務所物件探し』という名目で上京した初めての出張。

神戸で生まれて30年間神戸にいたので、東京は土地勘がさっぱりで何も分からないに等しい。前職での出張で品川あたりには詳しいが、その他の地域にまるで縁がない。新宿ってどこにあるんだろう??

そんな状況をひとまずとても安心させてくれる人にたまたま巡り会えた。
今から約半年前の初夏に東京に来たとき、私は”麻布十番”という場所(東京の人なら誰でも知っているが、関西では知名度はほぼゼロ)で盛大に道に迷っていた。 ある取引先を尋ねる途中だったのだが、電話をかけるの をためらっていて(東京を知らないという先入観を持たれたくなかった)、思い切ってそばにあった不動産屋さんに道を聞こうと駆け込んだのだ。
忙しそうな雰囲気のその中でも、私が入り口に立った事を事務員さんが気付いてくれて、そしてその場の責任者らしき人が商談中にも拘わらず簡潔に用件を聞いてくれて、事務員さんに道案内をしてもらった。とても丁寧だった。こちらは道を尋ねただけで、何の利益にもならないのに…。
こういった事に私は弱い。東京進出にあたってはきっとこの不動産屋さん(以下E社)を使おうと心に決めていた。

今回、その思いの通りに、麻布十番駅から前回のE社さんへ向かった。そして入り口から入る。すると正規の担当者さんが出てきた。少し安心する。さっそく「こういった物件を探しているんですが…」と相談すると「それでしたら…」と、話を進めてくれた。そして会話の中で私の個人情報をさらりと集めていっていた。「(やっぱりここは当たりだ…)」と心の中で思った。

しかもその担当者さん(以下Sさん)は関西や神戸に居た事があり、詳しい。やはり東京の地域を関西に置き換えて話してくれるのはありがたい。それでなくても神戸は北に山があり、南に海があり、どこにいても東西南北が分かる環境なので、東京はキツい事この上ないのだ。

赤坂でとても良い物件を紹介してもらい、現地まで見に行く。うん、とても良い。7階なので見晴らしも 良い。その場で決めてしまおうと思ったが、即決 するのも何だかもったいない気がしたので、神戸に帰ってから対応を練る事にした。Sさんに次回はちょっと違う条件の物件も探しておいてください、と伝えて。

住居も迷っている。会社で寝袋?うーん、20代ならいざしらず、30代の人間がそれをする事でどれだけ成果を上げられるのだろうか…。人間らしいまともな生活の方が良い気がする。だがどこに住めば良いか分からないのも事実。前述のSさんにも調べてもらっているのだが、自分の中でもある程度の結論を出さないと…。 土地勘が全くないのだから、最初はどこでも良いから飛び込んでみようか…うーん。

余談だが、今回宿泊した南阿佐ヶ谷駅前の「アミスタ」はとても良かった。東京のビジネスホテルにはちょっとうるさい方なのだが、1万円前後のビジネスホテルとしては屈指といって差し支えないと思う。なんせ綺麗。受付のお姉さんが値引きもしてくれた。 南阿佐ヶ谷は丸の内線だが、東京はひと駅の区間が関西と比べてとても短いので、新宿 とかからでも駅数ほどの遠さは感じない。
次回もここに泊まろうと密かに考えている私だった。